引越し見積もりヘッダー画像

引越し侍予約サービス

TOP 引越し 段取り チェック

引越しを控えている方へ

引っ越しの料金は決まったものがありません。同じ業者でも料金はいろいろです。1社だけに見積もりを依頼したら、向うの言い値で契約することにもなりかねません。

でも複数の引っ越し業者に一括見積もりを依頼したとたんに、この見積もりは競争になるんです。

A社 18万円
B社 13万円
C社 23万円
D社 15万円
E社 19万円

料金だけならB社で決まりです。
ネットで口コミを見てみましょう。

B社 安いけれど雑。家具が壊れたが保証なし。
D社 ていねいな仕事。トラブルなし。

私ならD社にします。
こんなふうに、安いだけでなく、いい仕事をする業者かも確かめましょう。安くて口コミが良ければ最高です。

一括見積もりはこちらから

⇒ 引越し侍予約サービス

 

あなたの見積もりは高くありませんか?

今一度、見積もり料金をよく比較検討してみませんか。

最初にこちらの記事をご覧ください

私が体験した出来事です。
今ではさすがにこんなことはしていないと思いますが。

サカイ引越センターの記事

 

作業は一流でも営業方針は一流とは限りません。
複数の見積りを取ることの大切さがよく分かりました。

お目当ての引越し会社を含む複数の会社を選んで一括見積もりを取るのが最善の方法です

一括見積もりのご依頼はこちらから

⇒ 引越し侍予約サービス

⇒ 引越し侍

⇒ 引越し価格ガイド

 

一括見積もりで安くてサービスも充実している引っ越し会社を見つけたら、2社~3社ぐらいは実際に現地を見て正確な見積もりをとってください。後で追加料金が発生しないよう、きちんとした見積もりを書いてもらいましょう。

 

人気の引越し会社を選び出しました。
リンク先にそれぞれのページがあります。
そこから一括見積もりのページに行けますから、ご覧ください。

 

大手

⇒  アリさんマークの引越社

アーク引越センター

サカイ引越センター

ハート引越センター

アート引越センター

引越は日通 

 

地域密着型

安全輸送引越サービス

人力引越社

チトセ引越センター

シルバーバックス引越しセンター

SOCIO引越センター

 

一括見積もりのいろいろ

一括見積もりランキング

 

 引越しの段取りチェックリスト

引越し完了までの作業は山積みです。ここでは、実際にやらなければならないことを、時系列的にリストアップしました。必要な作業や手続きを確認しながら、自分のスケジュールに組み込んでいきましょう。

STEP1 最初に引越しの見積もりを依頼

まずは、いくらかかるのか、引っ越し予定日に予約できるのかを確かめましょう。

⇒ 引越し侍予約サービス

たくさん見積もりしてもらって断るのが大変?

⇒ 引っ越し会社の断り方を見る 

 

STEP2 引っ越しが決まったら早めに決めること

全体のスケジュールを組み立てる

今住んでいるところの退去連絡

新住居の下見と決定

⇒ まとめて詳しく読む

引っ越し会社との交渉と決定

⇒ 詳しく読む

転校の準備

⇒ 詳しく読む

不要品の処分

⇒ 詳しく読む

電話の変更

インターネット契約の解約など

⇒ 詳しく読む

⇒ 違約金のかからないフレッツ光の移転

新社会人の方などはニキビケアを

⇒ 詳しく読む

 

STEP3 引越しの1~2週間前までにしておくこと

新居のレイアウトを決める

荷造りをする

粗大ゴミの処分

⇒ まとめて詳しく見る

転出届

印鑑登録の廃止

国民健康保険・国民年金などの手続き

郵便局へ転送届け

電気・ガス・水道の手続き

NHK・ケーブルテレビの手続き

⇒ まとめて詳しく見る

引っ越しをキャンセルしたい

⇒ 詳しく見る 

車を処分したい。一番高く売るには

⇒ 詳しく見る

 

STEP4 引っ越し前日までに済ますこと

引っ越し挨拶

洗濯機・冷蔵庫の搬出準備

⇒ 詳しく見る

ハウスクリーニング

⇒ 詳しく見る

 

STEP5 引っ越し当日の動き

さあ、今日は引っ越しだ。

⇒ 詳しく見る

 

STEP6 引越し後の作業

近所への挨拶まわり

ゴミの処分

⇒ 詳しく見る

運転免許証の届出

⇒ 詳しく見る

インターネット契約
UQ WiMAX

⇒ 詳しく見る 

フレッツ光

⇒ 詳しく見る

挨拶状を出す

⇒ 詳しく見る

 

 

もう一度、ざっとおさらいしておきましょう

 

=================
◆準備を始める時期は
=================

引越しの日が決まったら、早めに準備に取りかかります。
引越会社の見積もりは、通常期でだいたい1カ月半前から始めます。
特に、引越が週末の日中や春休み中などになるときは、2~3カ月前から予約しないと日が取れないことがあります。

⇒ 引越し侍予約サービス

 

==================
◆なぜ見積もりがいるのか
==================

ずばり、普通の人には金額がわかりにくいからです。

今なら価格.comの口コミでおおよその金額が分かりますが、数年前に私が引っ越すときにとった見積もりは、最初の提示が25万円でした!

引越し先まで約1km、平日の日中で8月でしたが特別に込んでいる状況ではありませんでした。

今どきならこんなに高いところはありません。
おそらく半値以下です。

1社からの見積もりでは高いのか安いのかが分かりません。
2社だと高い方と安い方の比較はできますが、どちらがより適正なのかが分かりません。

3社になると、適正な価格が見えてくるのです。
ですから、最低でも3社から見積もりをとりましょう。
そして、多くても5社程度で十分だと思います。

価格の交渉は別の記事でお話しします。

⇒ 引越し侍予約サービス

 

===============
◆不要な物を整理する
===============

引越しの日が決まり、引越会社の予約もできました。
まずは、不要なものをできるだけこの機会に捨てましょう。
新居にゴミは持っていきたくないですよね。

着なくなった衣類。
たくさんたまった雑誌類。
古くなったスキーやスノボ。
使わない食器類。
古いタンス。

何年も使っていないものは、思い切って捨てて、できるだけ身軽になることです。
粗大ゴミはしょっちゅう来てくれるものではないので、思いのほか処分に時間がかかるものです。

 

次は業者さんにもらった段ボール箱に、仕分けしながら詰めていきます。
奥の部屋からかたづけていきましょう。
段ボールには、何が入れてあるか、新居のどの部屋に持っていくかを決めて、部屋ごとに番号を書いておきます。
入れる順番は、今使わないものから順に入れます。

衣類、食器類、書籍、趣味のもの、細々としたものはまとめます。
段ボール部屋を一つ確保して、そこに順序よく運んでおきます。

引越の前日には、最小限度の衣類とタオル、財布などの貴重品だけを残して梱包を終えます。

私の時は、最終的に1人あたり段ボール箱20個ぐらい必要でした。
これは、電化製品や衣類やテーブルなど大型製品を除いた数です。
ずいぶんと不要品を処分しましたが、これだけ必要でした。

 

========
◆引越当日
========

当日の食事や飲み物は、コンビニの弁当やお茶ですませます。
食器を使うと洗ったり片づけたりと手間がかかります。

引越会社の人が来たら、運び出しは任せます。
すべての運び出しが終わったら、最後にもう一度掃除機をかけて完了です。
何も荷物がなくなった部屋を見ていると、不思議とお世話になりましたという気持ちになります。

 

新居に着いたら、家具の搬入の指示をします。
台所やリビングは奥さんに任せた方が必ずうまくいきますよ。
女性は、家具の位置などにとてもこだわりが多いものです。

段ボール箱は、運んでもらう部屋に番号を書いた紙を貼っておいて、段ボール箱に書いた番号の部屋に入れてもらいます。

運び込みが全部終われば引越会社の仕事は完了です。
家具に傷が付いていないかよく確認して、完了の書類にサインしましょう。

 

この後は、それぞれの段ボールを開いて片付けです。
これは急ぎませんから、とりあえず落ち着きましょう。

食器も何も段ボール箱の中ですから、当分の食事は外で済ませることになります。
これが意外と金額がかさみますが、奥様も疲れているのですから、落ち着くまでの2~3日はお弁当や外食をおすすめします。

 

⇒ 引越し侍予約サービス

 

 

このページの先頭へ